乳がんの生存率

乳がんの5年生存率の目安としては、病期別に、ステージ気95%、ステージ兇85%、ステージ靴70%、ステージ犬20%とされています。初期症状から末期に近づくにつれ、当然ながら5年生存率は下がっていることが分かるでしょう。

それでも、他の癌と比べると、比較的乳がんの生存率は高い部類に入ります。たとえば、難治がんの代表格でる膵臓がんでは、ステージ気任40%程度ですので、それと比較するとはるかに生存率が高いということになるでしょう。もちろん、それでも命を落とす方もいますので油断はできませんが、過度に悲観的になることはありません。

癌は不治の病とされていたのはかつての話で、今では手術やホルモン療法、抗がん剤、放射線治療と様々な方法がありますし、抗がん剤もタキソテール、タキソール、カンプトなど、様々な新薬が開発されています。手術以外のホルモン療法・抗がん剤による化学療法、放射線治療といった補助療法が乳がんには効果的であることも、生存率の向上につながっています。

すべての方に手術を行えるわけではなく、転移の状態や症状の進行の程度、全身状態などによっては手術が適用できない場合もありますので、それ以外の治療法でも効果を期待できるというのは、心強いことです。

乳がんの無病生存率

転移や再発がない状態で生きていられる割合のことを、乳がんの無病生存率と言います。治療が終われば、患者さんは健康に暮らしたいと考えるものですし、再発や転移に悩まされながら暮らすのはもう嫌だと考えているでしょう。こうした無病生存率についても、新薬の開発に伴い、上昇する傾向にあるという発表もあります。治療を受ける前や一通り終了した後、主治医に参考程度でもいいので見込みを聞いておくと、予後を安心して暮らすことができるでしょう。

乳がんの生存率が高い病院

また、乳がんの生存率は、手術の件数が多い病院の方が高いという研究がアメリカで発表されています。病院によって、症例の数には差があるわけですが、どれだけ手術を行っているかによって、生存率が異なるということなのです。たしかに、多くの患者さんを治療していれば、専門医の経験が蓄積されますし、それだけ技術の向上も望めます。反対に、あまり経験がないのでは、最適な治療を行うのは難しくなるでしょう。病院を選ぶ時には、乳がんの治療をどれだけ行っているかを参考にしておくと、生存率の向上につながるかもしれません。

患者さんの中には乳がんの名医を求める方もいると思いますが、名医が十分な実績を残すためには、そのための治療を行う必要がありますし、実績を残す以前に実力を磨くためにも多くの経験が必要になります。こうして専門医が名医になっていく過程で、多くの患者さんに接することが必要になります。手術の件数が多い病院に、必ず名医がいるわけではありませんが、生存率が高いことには納得できるでしょう。

癌が改善しなければ全額返金
数々のガン患者を完治させてきた食事法はこちらから

当サイトコンテンツ



乳がん検診

乳がんの検診費用

乳がんの初期症状

乳がんの手術

乳がんと抗がん剤

乳がんのホルモン療法

乳がんの放射線治療

乳がんの予防

乳がんの転移

乳がんの石灰化

乳がんとしこり

乳がんの痛み

乳がんの再発

炎症性乳がん

乳がんの生存率

乳がんの名医

乳がんと病院

その他の乳がん情報


Copylight (C)乳がん克復のために All Rights Reserved.

inserted by FC2 system