乳がんとしこり

乳がんによってしこりができることで、症状を自覚することは多くありますが、すべての患者さんにしこりがあるわけではありません。初期症状としては、自覚できるものはほとんどないのが現実なのです。

ある程度進行してきたところで、乳がんによるしこりが生じて、異常に気付いて検査を受けに病院を訪れる女性は多くいます。もっとも、しこりには良性のものもあります。

乳腺にできるしこりのうち、およそ90%は良性であるとされています。したがって、過度に悲観的になるよりも、まずは病院で専門医から検査をしてもらい、正確な診断を受けましょう。自己判断で検診を受けないでいるのは危険ですので、必ず診察を受けておきましょう。

もっとも乳がんのしこりができやすい場所としては、乳房の外側の上部であり、これが全体の半分程度を占めるとされています。続いて、乳房の内側の上部、外側の下部、中心部、内側の下部となります。場所によって、乳がんのしこりができやすい場所とそうではない場所があるということは覚えておいて下さい。

また、脇の下のしこりもありますので、自己検診を行う場合には、脇の下も忘れずにチェックしてください。この場合には、リンパ節転移によるものの場合もあります。触診によって見つけることができるしこりは、2cmほどとされています。5个ら1cmぐらいになれば、注意深く触ることで気付ける場合もありますが、それよりも小さなうちは、なかなか触っても見つかりません。

ただし、超音波検査やマンモグラフィであれば、乳がんのしこりによって発見できるようになる以前の初期症状の段階で見つけることもできますので、定期的な検診は重要です。

病院で検査をする際、しこりがある場合には、それが乳がんであるのか、そしてどれだけ広がっているかを調べるために、各種の画像検査を行います。画像検査としては、超音波検査、MRI検査、CT検査などがあります。また、しこりに細い針を刺して細胞を採取する穿刺吸引細胞診や、組織を採取する針生検を行う場合もあります。また、石灰化が見られる場合のように、マンモトーム生検を行うこともあります。

闘病生活において様々な場面において、乳がんのしこりは関連してきます。たとえば、治療後の再発リスクを予測する際の基準の1つとして、ホルモン受容体の有無や腋窩リンパ節への転移の状態と並んで、しこりの大きさは考慮されます。また、病期(ステージ)の判定においても乳がんのしこりの大きさは考慮されます。

しこりの大きさが関わってくるのはステージが鬼から郡までで、鬼の場合には2cm以下、挟の場合には同じく2cm以下の場合と、2cmから5cmまでの場合があります。郡の中でもa期では、動揺の大きさで、リンパ節転移など、他の条件が変わってきます。このように、病期(ステージ)を決定する上でも、重要な基準になるのです。

大切なことは、自分で判断をして見過ごしてしまわないことです。異常を感じたら病院で検査を受け、本当に問題がないかどうかを確認しておきましょう。初期症状のうちに発見することができれば、それだけ治療も行いやすくなります。乳がんのしこりと疑われる時には、必ず検診を受けてください。

癌が改善しなければ全額返金
数々のガン患者を完治させてきた食事法はこちらから

当サイトコンテンツ



乳がん検診

乳がんの検診費用

乳がんの初期症状

乳がんの手術

乳がんと抗がん剤

乳がんのホルモン療法

乳がんの放射線治療

乳がんの予防

乳がんの転移

乳がんの石灰化

乳がんとしこり

乳がんの痛み

乳がんの再発

炎症性乳がん

乳がんの生存率

乳がんの名医

乳がんと病院

その他の乳がん情報


Copylight (C)乳がん克復のために All Rights Reserved.

inserted by FC2 system