乳がんの肺転移とは

癌細胞が肺に広がってしまったものを指します。ただし、これは肺がんではなく、転移性乳がんです。あくまでも乳がんとしての性質を持ったものであるため、ホルモン療法を治療の選択肢とすることができます。のほかに乳がん転移しやすいのは骨や肝臓、脳などです。

乳がんの肺転移の症状

癌細胞がどの臓器に広がったかによって、それぞれの部位で特有の症状を示します。肺の場合には咳や息切れ、動悸などが現われます。また、胸膜に癌細胞が広がっている場合には、胸水がたまります。

肺転移の検査

X線検査やCT検査といった画像診断を用いて判定を行います。

乳がんの肺転移の治療

全身療法である化学療法やホルモン療法を行います。ほかにも、咳がひどい時には鎮咳薬を用いることや、呼吸困難を伴う時には酸素療法を使うこともあります。治療を行う前に、対処療法として症状を和らげることを目的とするのか、それとも完治を目指すことができるのか、見通しについて確認しておきましょう。

乳がんのステージと肺転移

進行度を表す病期(ステージ)は0期から鹸に分類されていますが、肺に遠隔転移している場合には鹸に該当します。鹸が末期のステージとなり、最も進行したステージとなります。したがって、深刻な状態であると言わざるを得ません。

癌が改善しなければ全額返金
数々のガン患者を完治させてきた食事法はこちらから

当サイトコンテンツ



乳がん検診

乳がんの検診費用

乳がんの初期症状

乳がんの手術

乳がんと抗がん剤

乳がんのホルモン療法

乳がんの放射線治療

乳がんの予防

乳がんの転移

乳がんの石灰化

乳がんとしこり

乳がんの痛み

乳がんの再発

炎症性乳がん

乳がんの生存率

乳がんの名医

乳がんと病院

その他の乳がん情報


Copylight (C)乳がん克復のために All Rights Reserved.

inserted by FC2 system