乳がんの症状

正しい知識を持っておけば、体に異変が起きた時、適切な判断を行える可能性が高まります。以下の症状が出た場合には乳がんの可能性がありますので、気軽に考えて放置せず、必ず病院で専門医から検査を受けましょう。初期症状であれば、治療を行う際にも有利な状況になります。進行させないためには、早期発見が欠かせません。

乳がんの症状、しこり

もっとも多く見られる乳がんの症状はしこりです。乳がんと言えばしこりができると考えている女性も少なくないのではないでしょうか。たしかに、多くの患者さんが症状としてしこりを持つものの、中にはしこりができない場合もあります。

自分で触って分かるようになるのは、しこりの大きさが5个ら1cmになってからで、それよりも小さい場合には、触診によって発見するのは困難です。自己検診を行っている場合でも、すでにしこりができてこの大きさ以上になってからの発見になることを理解しておいてください。また、しこりの大半は良性のものであり、癌ではないことが大多数ですので、落ち着いて病院で検査してもらいましょう。

乳がんの症状、痛み・乳頭からの分泌物

乳房の痛みはまったくない方もいますし、程度も様々です。以前は痛みが起こることはないと考えられる傾向がありましたが、現在ではこの説は覆されています。また、乳頭から出てくる分泌物としては、血液の場合や、血液が混ざった茶褐色のもの、透き通っているものなど、様々なものがあり、乳管口が複数の場合もあります。

乳がんの症状、皮膚の異常

皮膚がえくぼ状にくぼんだり、赤く腫れてしまうことがあります。
炎症性乳がん
症状としては、乳房の表面の皮膚がオレンジの皮のように赤くなり、熱を持った感覚や痛みを伴います。炎症性乳がんは、リンパ管が癌細胞によってせき止められてしまっているもので、他の部位に転移しやすい状態であると言えます。
転移による症状

癌細胞が原発巣を離れて遠隔転移を引き起こした場合、本来の乳がんの症状とは別の症状を引き起こすことになります。転移した部位によってまったく異なり、リンパ節に転移した場合、リンパ液の流れが悪くなります。それによって、脇の下が腫れることや、神経の圧迫が起こり,腕のしびれにつながります。骨に転移した場合には、骨の痛みや骨折しやすくなります。また、肺に転移すれば咳や息苦しさ、肝臓の転移は食欲不振や黄疸、脳転移では頭痛や悪心、言語障害、麻痺が生じることがあります。

癌が改善しなければ全額返金
数々のガン患者を完治させてきた食事法はこちらから

当サイトコンテンツ



乳がん検診

乳がんの検診費用

乳がんの初期症状

乳がんの手術

乳がんと抗がん剤

乳がんのホルモン療法

乳がんの放射線治療

乳がんの予防

乳がんの転移

乳がんの石灰化

乳がんとしこり

乳がんの痛み

乳がんの再発

炎症性乳がん

乳がんの生存率

乳がんの名医

乳がんと病院

その他の乳がん情報


Copylight (C)乳がん克復のために All Rights Reserved.

inserted by FC2 system