乳がんの触診

触診とは、その名の通り触れてみて診断を行うのですが、乳がんの自己検診として行う場合と、病院で専門医によって行われる場合があります。

自己検診での触診

毎月1回、行うことが理想的です。主なチェックポイントはしこりの有無や、しこりがある場合には大きさや方さ、表面の状態などです。自己検診は他に、目で状態を確かめる視診があります。視診や触診で乳がんを早期発見することができれば、それだけ完治の可能性は高まります。

具体的な自己検診の方法

触診でしこりが見つかったら

しこりの大半は良性のものです。したがって、過度に心配する必要はありません。しかし、乳がんによりしこりであった場合には、早く治療を行う必要があります。したがって、しこりや異常に気付いた時には乳腺外科のある病院で専門医の診察を受けておきましょう。勘違いなら安心して暮らせますし、もし発症していたなら早めに対応できることになります。たとえ健康を害しているという自覚がなくても、症状はひそかに進行していることがあります。年齢や自覚症状がないことを言い訳にせず、専門医の判断を仰いでください。

病院で行う乳がんの触診

病院で検査を受ける際にも、触診は行われます。患者さんが自己検診を行っている場合には、自分の状態を定期的にセルフチェックしているため、変化があった時には気付きやすいという長所がありますが、専門医による場合は、やはり多くの患者さんを診てきた専門家としての安心感があります。

触診で乳がんを発見することの限界

手で触れて分かるしこりの大きさは、5个ら1cm程度になってからと言われています。それ以前の段階では発見が困難なのです。また、そもそもしこりを作らない場合もあります。したがって、乳がんは触診を行えば必ず発見できるものではありません。この弱点を補うため、病院ではマンモグラフィや超音波検査を行います。マンモグラフィや超音波検査によって、小さなしこりや微細な石灰化を発見することができるためです。

癌が改善しなければ全額返金
数々のガン患者を完治させてきた食事法はこちらから

当サイトコンテンツ



乳がん検診

乳がんの検診費用

乳がんの初期症状

乳がんの手術

乳がんと抗がん剤

乳がんのホルモン療法

乳がんの放射線治療

乳がんの予防

乳がんの転移

乳がんの石灰化

乳がんとしこり

乳がんの痛み

乳がんの再発

炎症性乳がん

乳がんの生存率

乳がんの名医

乳がんと病院

その他の乳がん情報


Copylight (C)乳がん克復のために All Rights Reserved.

inserted by FC2 system