乳がんの早期発見

完治を目指すためには、早期発見が重要な役割を果たします。ピンクリボン運動によって、関心をお持ちの女性もいるでしょう。乳がん早期発見に必要なものや、その意義について見ていきましょう。

自己検診で乳がんを早期発見

毎月、視診と触診によって自己検診を行うことは、しこりを代表とする異常を見逃さず、乳がんを早期発見するための大きな助けとなります。自己検診を継続していくことによって、以前と異なる点に気付きやすくなるというメリットもありますので、ぜひ行っておきたいところです。詳しい方法については、自己検診のページをご覧下さい。

定期検診は乳がんの早期発見に不可欠

たとえ自覚症状がなくても、定期的に検査を受けておくことによって、初期症状の段階で発見できる可能性が高まります。マンモグラフィや超音波検査は、触診で見つけられる大きさとされる5个頬たないしこりや微細な石灰化を発見することがあります。つまり、自己検診を行う以上に早い段階で見つけることができる可能性を持っているのです。セルフチェックを過信せず、必ず病院で定期的な検査を受けておきましょう。

早期発見と生存率

乳がんの生存率を病期(ステージ)ごとに見ていくと、初期症状の段階では高い5年生存率を示すものの、進行するほどに悪化していきます。具体的には、ステージ気およそ95%であるのに対し、ステージ犬任20%程度です。つまり、早期発見に成功すれば、それだけ高い生存率の状態でいられるのです。治療において高度な技術を求めるのは良いのですが、それ以前に初期症状のうちに治療を始めることが大切です。

乳がんの治療法と早期発見

症状が進行して転移してしまうと、手術によって有効な結果が得られなくなる場合があります。手術は精神的な抵抗を持つ患者さんが少なくないものの、治療効果という点では大きな意味を持ちます。しかし、末期に近くなってくると手術は行えず、抗がん剤やホルモン療法、放射線治療を用いることになります。どの段階で症状を見つけることができたかによって、治療方法にも影響を及ぼすことになります。早期発見に成功することは、治療法の選択肢を増やすことにもなるのです。

癌が改善しなければ全額返金
数々のガン患者を完治させてきた食事法はこちらから

当サイトコンテンツ



乳がん検診

乳がんの検診費用

乳がんの初期症状

乳がんの手術

乳がんと抗がん剤

乳がんのホルモン療法

乳がんの放射線治療

乳がんの予防

乳がんの転移

乳がんの石灰化

乳がんとしこり

乳がんの痛み

乳がんの再発

炎症性乳がん

乳がんの生存率

乳がんの名医

乳がんと病院

その他の乳がん情報


Copylight (C)乳がん克復のために All Rights Reserved.

inserted by FC2 system