乳がんの細胞診とは

検査の中でも確定診断のために重要な役割を果たします。実際に細胞を採取し、顕微鏡でそこに癌細胞があるかどうかを判別します。穿刺吸引細胞診と分泌物細胞診がありますので、それぞれについて見ていきましょう。

乳がんと穿刺吸引細胞診

細い針をつけた注射器でしこりを刺し、細胞を採取します。針は細いもののため、麻酔はかけないで行います。しこりの位置を確認するために、超音波を使いながら行うことがあります。しこりが触れにくい時や小さい場合、あるいはしこりの中で癌細胞が散らばっている場合には精度が下がります。

乳がんと分泌物細胞診

乳頭から分泌物が出ている場合に、そこから検体を採取して、顕微鏡で調べる方法です。

細胞診とクラス分類

結果はクラス気らクラス垢泙任吠けられますが、これは症状の進行度を示す病期(ステージ)とは異なる概念です。クラス気呂枩犠錣丙挧Δ任△襪箸いΔ海箸鯢修掘▲ラス垢呂曚楷盧挧Δ任△襪箸いΩ〆嵯覯未鮗┐靴討い泙后したがって、クラス垢任眛がんが末期に達してしまっているわけではありません。

乳がんの細胞診と組織診

細胞診では適切な検体が採取できなかった場合や鑑別が難しい場合、疑いが残る場合にはより正確な内容を調べるために組織診を行います。組織診の方が得られる情報量が多く、より確実な判定を行うことができます。乳がんであるかどうかだけではなく、癌の組織型や非浸潤がんか浸潤がんかを判定することができます。

組織診の方法としては、針生検、マンモトーム、外科的生検があります。

針生検
超音波でしこりの位置を確認しながら、細胞診で用いるよりも太い針をしこりに刺し、組織を採取します。針生検の場合には局所麻酔が使われます。

マンモトーム
針生検よりも太い針による検査です。超音波装置を使う場合と、マンモグラフィをガイドにする場合があります。傷跡がほとんど分からないというメリットがありますが、どの病院でもマンモトームを行うための設備を持っているわけではありません。

外科的生検
メスでしこりを切除して組織を採取します。

癌が改善しなければ全額返金
数々のガン患者を完治させてきた食事法はこちらから

当サイトコンテンツ



乳がん検診

乳がんの検診費用

乳がんの初期症状

乳がんの手術

乳がんと抗がん剤

乳がんのホルモン療法

乳がんの放射線治療

乳がんの予防

乳がんの転移

乳がんの石灰化

乳がんとしこり

乳がんの痛み

乳がんの再発

炎症性乳がん

乳がんの生存率

乳がんの名医

乳がんと病院

その他の乳がん情報


Copylight (C)乳がん克復のために All Rights Reserved.

inserted by FC2 system