乳がんのリンパ節転移

癌細胞が周囲のリンパ節に広がってしまうと、手術の際にはその部分も切除しなくてはなりません。他の臓器と比べても転移が起こりやすく、比較的早期の段階でもリンパ節転移は見られることが多くあります。

乳がんが転移しやすいリンパ節の部位

わきの下である腋窩リンパ節のほか、首や胸骨の付近が高頻度で癌細胞が広がりやすい部位です。

乳がんのリンパ節転移の検査

従来は正確に診断することが難しかったのですが、センチネルリンパ節生検が開発されてから、検査の制度は格段に向上しました。センチネルリンパ節とは、リンパ管に侵入した癌細胞が最初に到達する部位で、この部分に癌細胞が転移しているかどうかを調べるというものです。センチネルリンパ節生検の結果として、転移がないと判断された場合には、他の部分にも広がっていないと考えられます。

ただし、しこりが大きい方や触診や画像診断で乳がんがリンパ節転移していると考えられる方、生検をすでに受けているかた、術前化学療法を受けている方は適応の対象外となることが多いです。

乳がんの手術とリンパ節転移

腋窩リンパ節に転移がある場合には、手術の際に腋窩リンパ節郭清を行います。かつては標準的な方法でしたが、現在ではセンチネルリンパ節生検を行うことにより、原発巣のみの手術となることも多くなっています。腋窩リンパ節郭清を行う場合、術後の後遺症としてリンパ浮腫に悩むこともあり、できるだけ切除範囲を狭くしておくことが後遺症を小さくするためには大切です。一方で、癌細胞を取り残してしまえば再発の危険を招くことになりますので、両者のバランスを取ることが求められます。

乳がんのステージとの関係

病期(ステージ)の判定において、リンパ節転移がある場合には挟以降になります。すなわち、0期から鹸まであるステージのうち、0期や鬼には該当しないということであり、すでに進行してしまっている状態であると言えます。進行の速度は他の癌よりも緩やかであるとはいえ、迅速に治療を行うことが求められます。

癌が改善しなければ全額返金
数々のガン患者を完治させてきた食事法はこちらから

当サイトコンテンツ



乳がん検診

乳がんの検診費用

乳がんの初期症状

乳がんの手術

乳がんと抗がん剤

乳がんのホルモン療法

乳がんの放射線治療

乳がんの予防

乳がんの転移

乳がんの石灰化

乳がんとしこり

乳がんの痛み

乳がんの再発

炎症性乳がん

乳がんの生存率

乳がんの名医

乳がんと病院

その他の乳がん情報


Copylight (C)乳がん克復のために All Rights Reserved.

inserted by FC2 system