ホルモン療法は乳がんに特有の治療法

癌の3大療法と呼ばれているのが手術・放射線治療・抗がん剤です。ほとんどの部位の癌について、この3つの治療法は共通しており、基本的な選択肢となっています。

しかし、独特な治療法があるケースもあります。乳がんのホルモン療法もそのひとつです。たとえば、胃がん肺がんを見ても、ホルモン療法は治療に用いられてはいません。

ただし、前立腺がんや子宮体がんではホルモン療法が使われることがあります。それぞれに症状の進行がホルモンの影響を受けるため、そこに注目して治療を行うものなのです。

3大療法以外の治療法が発達しているものとして、肝臓癌があります。病巣に針を刺して、ラジオ波の力を使って高音を作り出すラジオ波治療や、ガン細胞への血流を止めて兵糧攻めにする肝動脈塞栓療法といった方法が用いられています。

治療法にはそれぞれ向き不向きがありますし、状態によってベストな選択肢は変わってきます。医師とよく話し合って、もっとも適切な方法を選ぶことが、良好な予後を得るために重要です。納得のいく説明を受けられないのなら、セカンドオピニオンもありますので、検討してみてもよいでしょう。

癌が改善しなければ全額返金
数々のガン患者を完治させてきた食事法はこちらから

当サイトコンテンツ



乳がん検診

乳がんの検診費用

乳がんの初期症状

乳がんの手術

乳がんと抗がん剤

乳がんのホルモン療法

乳がんの放射線治療

乳がんの予防

乳がんの転移

乳がんの石灰化

乳がんとしこり

乳がんの痛み

乳がんの再発

炎症性乳がん

乳がんの生存率

乳がんの名医

乳がんと病院

その他の乳がん情報


Copylight (C)乳がん克復のために All Rights Reserved.

inserted by FC2 system